透輝の滴 使い方

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

透輝の滴の効果的な使い方とは!?

 

 

ドクターリセラの透輝の滴と言えば有効成分100%で、宣伝している城島杏香さんの美貌でも有名ですよね。でも、透輝の滴がいくら美容に効果が期待でいても、使い方が分からず何となくで使っていては効果も半減してしまいます。

 

そこですが、この記事では透輝の滴はもちろんですが、その前後に使う製品と併せ、より肌質改善に役立つように解説していこうと思います。今回は、私がドクターリセラの製品を初めて使った際の「透輝の滴 じっくり10日間スタートセット」の内容に沿って使い方を解説していこうと思います。

 

 

では、実際に透輝の滴を使う際の参考にしてください(・∀・)b

 

透輝の滴の使い方と他の製品の使い方もチェック!!

 

 

【透輝の滴 じっくり10日間スタートセットの内容】
●クレンジング 50g  ●ウォーターベール30ml(化粧水)  ●ソープ20g(洗顔)  ●サンカットクリーム10g(日焼け止め)
+ ●透輝の滴10ml(美容液)

 

透輝の滴(とうきのしずく) じっくり10日間スタートセットはこちらから!!

 

上記が実際に私が使った「透輝の滴 じっくり10日間スタートセット」の内容です。見ても分かるように、10日分の色々な製品が気軽に試せるので初めての方にこそ使ってもらいたい内容です!

 

 

その1).クレンジングの使い方

 

ドクターリセラのクレンジングに関して、適正量は500円玉大となっています。覚えておいてもらいたいのは、この内容は公式サイトにも書いてありましたがあくまでも目安と言う事です。

 

メイクが薄いナチュラルな方は少なめでも良いのですが、ガッツリメイクの方はそれでは足りないこともあるでしょう。特に夏場にはウォータープルーフ(防水)のマスカラや日焼け止めなどをしている方もいますから、気を付けてください。

 

クレンジング剤がもったいないからと言って、少量で無理に擦ると肌が荒れるのでキイを付けましょう。そして、32℃前後のぬるま湯でキレイに何度もすすぎ洗いしましょう。

 

 

その2).洗顔せっけん(ソープ)の使い方

 

洗顔せっけんには、上記のセットから泡立てネットが付いてくるでしょうからそれで泡立てるときめの細かい泡が作れます。泡立てネットは始めに水で濡らし、絞るのですが始めは水分を少なめにして、泡立ててこれたら少しづつ水を足すと泡が立ちやすいのです。

 

そして洗顔時のポイントは、額の水分を一度ふき取ることです。額の水分が残っていると、石鹸詩文が毛穴に浸透しにくくなるので怠らすにふき取りたいところです。また、額の水分で泡が柔らかくなってしまうのを防ぐこともできます。

 

私もこのポイントは見落としていたので、さっそく実行したところ泡が額にピタッと密着してパックのようになる感じでした。確かにこれなら毛穴の汚れが吸い取ってくれそうだなと思える感じでした。

 

もちろん洗い上がりも全く違います。肌も突っ張ることがなく、毛穴の汚れがキレイになったと時間できましたよ。ちょっと面倒ではありますが、全く別物になるので、お風呂にハンドタオルを1枚持ち込むのがおススメです。

 

 

その3).透輝の滴の使い方

 

洗顔をしたら、本題の透輝の滴(とうきのしずく)の登場ですねが、ココも大きなポイントがあるの注意してください!!

 

洗顔後すぐに使いたくなりますが、肌のほてりが落ち着いてから使うのがポイントです。洗顔後肌質が落ち着いたときの方が、透輝の滴が馴染みやすいのです。さらに、透輝の滴を肌になじませたら、手のひらで優しくプレスするとよく浸透します。

 

目元や口元など、気になる箇所には1〜2滴追加で重ねづけするとより効果的です。たまに、たくさん使うと効果的ではと、奮発する方もいるようですが、それでは早く使い切ってしまいますから継続がしにくく下手したら逆効果になるかもです・・・。

 

 

その4).化粧水の使い方

 

そして、仕上げに化粧水を使うのですが、これまた見落としがちなポイントがります。

 

化粧水は、透輝の滴がしっかりと肌に浸透してからつけます。透輝の滴が浸透しきって、「ちょっと肌が乾燥してきたかも?」と感じる頃がベストなので、ココも焦らないようにしてください。乾燥してきたかなと思うくらいが、当然ながら化粧水の成分が浸透しやすいのです。

 

私の感覚では、透輝の滴は意外と浸透が早いので私の肌の場合は、透輝の滴を付けて5分くらいしてから化粧水を使用していました。

 

 

このような感じで、私は今現在、ドクターリセラの製品を使用しています。透輝の滴と言うと、その成分の良さから使うだけで効果が出そうに思えてしまうところもありましが、使う側にもポイントを押さえておく必要があると言う事ですね!!

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加